在留資格と上陸許可基準

入管用語

入管業務でよく聞く、在留資格と上陸許可基準について説明します。

外国人が日本に上陸するためには『上陸のための条件』に適合することが必要です。この条件を満たさなければ、日本に上陸することは許されないのです。

その上陸のための条件の一つが、外国人が日本で行おうとする活動が、入管法に定められたいずれかの『在留資格』に該当することです。(在留資格該当性)

日本に在留することができる根拠、目的です。まずこれが入管法に定められたものでなければなりません。

更にこの在留資格に該当する場合はそれに加え、わが国の産業及び国民生活に与える影響その他の事情を勘案して法務省令で定める基準に適合することとされています。(入管法7条第1項第7号)

この基準は『出入国管理及び難民認定法第7条第1項2号の基準を定める省令』に在留資格別に定められています。これを上陸許可基準と一般的に呼んでいます。(上陸許可基準適合性)

外国人が日本に在留するためには在留資格があることは大前提で、その上でこの基準を満たすことが必要なのです。

つまり、在留資格該当性+上陸許可基準適合性を満たすことが上陸のための条件の一つになります。

当事務所は在留資格認定証明書の申請取次を行います。たくさんの書類が要求されます。ご自分で行うこともできますが、かなり時間と手間がかかります。おまかせください。

コメント